新着情報


講習会に参加させていただきました 

とても有意義な講習会でした 
1月25日「歯科医療の安全、緊急時の対応」歯科外来診療環境体制加算・施設基準講習会(@東京歯科保険医協会)という講習会に参加させていただきました。
明海大学歯学部病態診断治療学講座・口腔顎顔面外科学第2分野教授・坂下英明先生の講義を拝聴し、医療事故・偶発症に対する緊急時の対応・抜歯と抗凝固剤・感染症対策等等お話しされました。
当院では外来診療同様、在宅診療(訪問歯科)にも力を入れているため、ベッドサイドで処置を行う際などは特に慎重に診療を進めてまいりたいと思います【資料1】
1月29日「2025年に向けて歯科に求められること」地域医療研究会(@東京歯科保険医協会)というタイトルの講習会に参加させていただきました【資料2】の一部に示すように、「地域包括ケアシステム(歯科医師)」「訪問診療に対する期待(ケアマネージャー)」「地域包括ケアシステムの中での訪問看護の役割~歯科訪問診療との連携~(看護師)【資料3】が概要でした。
現在当院では高等看護師を伴い、診療日のほぼ毎日を6歳から103歳までの在宅における患者さまの診療に携わっているため、今回はタイムリーでとても有意義な時間を過ごせました。このようなすばらしい場を提供してくださいました「東京歯科保険医協会」のスタッフ及び、本件のため多大なる労力を注がれた講師の皆さまに対し大感謝申し上げますとともに、講習会で培わった最新の医療知識を今後の臨床に応用させていきたいと思います。(2014年2月) 

新年のごあいさつ  

 明けましておめでとうございます 
 皆さまには、さわやかな新春をお迎えのこととお慶び申しあげます。旧年中は当院に賜りましたご厚情とご支援に対し、スタッフ一同衷心より御礼申しあげます。
 昨年は、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催決定や富士山・和食のユネスコ世界遺産登録、サッカーW杯への日本代表の出場決定等など、日本中が輪になり歓喜に沸いた年でもありました。そして2014年、4月に消費税の増税および医療業界では診療報酬改定が施されるため、大きな変動が生じる年になるかと思料いたします。
 当院では、その変動に対応するため地域医療関係者の方々との連携を深め、信頼を高めることが重要と考えています。「医療による社会貢献」の理念のもと、患者さまに少しでも喜んでいただけるよう適正で良質な歯科医療を提供するためにも、チーム医療(特に介護施設や在宅におられる方の医療)の向上を図りながら、皆さまが安心して受診いただけますよう「地域に開かれたあたたかい歯科医院」をめざし研鑽を重ね、静かに健やかに歩みたいと思います。本年もご支援・ご鞭撻のほど、よろしくお願い申しあげます。

訪問診療【その17・抜歯編】 

訪問診療】(その17) 
本日は当院ホームページ経由でご家族さまから直接ご依頼いただいた東京・N区在住92歳の女性【要介護4】の訪問診療の様子をご紹介します。
 医師に認知症と診断され, かつご高齢で全身の筋力低下に伴い歩行困難なので, 居宅での診療となりました。口内は歯周病やむし歯に罹患しており,欠損歯牙に対し急ぎ義歯をお作りしないといけない状況でした。特に歯周病により右下奥歯(第一大臼歯)の骨レベルが低下, グラつきが大きく何かのはずみで歯が折れ 誤って飲み込む危険性が大きくなったので,ご家族さまと合議し本日抜歯しました。
外科的小手術を行う為, 血圧変動もありうるので先ず高等看護師による血圧測定を行います写真1。特に問題なく脈拍も安定していたので, 針刺しに伴う痛みを少しでも軽減するため最初に粘膜への表面麻酔を行い, そして浸潤麻酔もゆっくり注入しました写真2麻酔の効き具合を確認後, 厚さ0.25mm位の歯周じん帯を切断, 歯牙を骨から慎重に脱臼写真3の左させ抜歯を施し抜歯窩【参考/最後の写真】に抗生剤などを入れて縫合しました。          
この日の午前中, 当院外来で通常の診療を行い抜歯の症例もこなしたため, 本件ベッドサイドでも同じような手指の感触で歯根の先端を破折することなく無事終えたので,ホッとしました写真3の右
外来診療と在宅診療,医療を行う環境はかなり異なりますが, 口内でお困りの患者さまが少しでも喜んでいただき食事がしっかり摂れますよう,今後も総力をあげサポートしていきたいと思います。(2013年11月)

新旧往診車のおしらせ&世田谷ナンバー 

新旧往診車のおしらせ
 訪問診療で長年使い苦楽を共にしてきた当院の往診車が換わりました。
  旧往診車(ラウム)写真1は平成10年登録で仕事等でほぼ毎日使っていましたが、法的な車検を通っても故障が多く、その後のメンテナンスも追い付かず、人間でいえばご高齢で不整脈等のオンパレードを伴い、とても危険な状態でした。
  新往診車は、以前と同じコンパクトで機能的にも使いやすいトヨタ車のポルテ写真2と3を納車しました。運転席サイドは2ドアーですが、助手席サイドは自動のスライド1ドアーなのでオープンスペースも取れやすく、ご高齢者をお乗せする際はとても便利ですね。  今後はこの新しい車で, 皆さまのご自宅や施設まで訪問診療にお伺いしたいと思いますので, よろしくお願いします。
 【世田谷ナンバー】  
 8月2日、国土交通省は、「ご当地ナンバー」制度について、新たに「杉並」「前橋」「平泉」「郡山」等の導入を決定しました。この制度導入により、これまで「会津」「つくば」「金沢」「伊豆」「富士山」「倉敷」等が誕生しています。しかし「世田谷」に関しては一部地元住民が反対を唱え、国交省を相手に導入をやめるよう係争となりましたが先日棄却され、「世田谷ナンバー」が正式に決まりました。地域振興や観光振興のためにも、私が生まれ育てられた街・世田谷がさらに活性化してもらいたいと思います。 (2013年11月)

訪問診療【その16】 

訪問診療】(その16)
本日は地元口コミ経由でご子息さまからご依頼をいただいた83歳男性【要介護5】の訪問診療の様子をご紹介します。
入浴中に転倒してしまい背中から臀部(でんぶ)にかけて広範囲な熱傷を負い, かつご高齢で足腰がとても弱く大腿骨骨折の既往もあるため, ご自宅で治療いただいております。
緊張されての受診のためか血圧の変動も多々あるので, 診療開始時に高等看護師による血圧測定を行います写真1
療養生活が長いため, 口内は多数のむし歯と歯周病に罹患していました。当初はお伺いするたびに, むし歯の修復処置や歯周病により侵襲した歯肉の治療に閉口しました写真2が徐々に良くなりました。
不適合な上下入れ歯を新しく作りなおすため, 顎の型取りを行い写真3・左仮り歯写真3・右上の2枚顎の高さなども確認しました。そして出来上がった保険義歯写真3・右下の2枚のとおりです。 
受診いただく前までは上顎の歯がかなり欠けてしまいましたが, 吸い付きのよい義歯が入ったことにより, 唾液の分泌もよくなり固い食べ物もおいしく摂れるようになりました。また患者さまの顔つきもふっくらとしてきており、改めて噛む力の大切さを学ばせていただけました。継続的な在宅・訪問診療は外来以上に種々困難を伴いますが,今後も少しでもお力添えしていきたいと思います。(2013年9月)


<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | >>